アパート経営のコツとは|賃貸経営でぼろ儲け|未来を変えるのは自分自身

賃貸経営でぼろ儲け|未来を変えるのは自分自身

アパート経営のコツとは

お金

アパート経営を成功させる

安定的かつ継続的な収入を確保するために、賃貸アパート経営を始める人が増えてきています。アパート経営を成功させられるかどうかは、いかにして空室を減らすことができるかにかかっていると言っても過言ではありません。改めて言うまでもないことですが、いくら立派なアパートを建てても、入居者を集めることができなくては家賃収入が得られなくなってしまうのです。家主が個人的にできることには限界があるため、多くの人が不動産会社を通じて入居者の募集を行っています。ちなみに、入居者の募集に加えて、入居者の選定や賃貸借契約の締結まで全てまとめて不動産会社に委託してしまうのが一般的です。また、最近では、賃貸借の仲介だけでなく、管理業務も一括して不動産会社に委託する人が増えています。家主には管理料を支払う義務が生じますが、入居者に質の高い管理サービスを提供することができるため、結果的に空室リスクを低下させられるようになります。

家賃収入を確保する

近年、新しい空室リスク軽減策として注目を集めるようになってきたサービスがあります。それは、一括借り上げもしくはサブリースという名前で呼ばれているサービスです。不動産会社に管理業務を委託してしまえば、家主はアパート経営の煩しさから解放されることができます。しかし、空室や滞納のリスクまでを不動産会社が負担してくれるわけではありません。でも、一括借り上げサービスには空室や滞納の家賃保証がついています。家賃保証専門会社が提供している家賃保証サービスの場合は、滞納家賃の保証のみ受け取ることが可能です。一方、一括借り上げサービスについている家賃保証の場合は、空室と滞納の両方がカバーされることになっています。業者に支払う手数料は単純な管理委託の場合よりも若干高めになりますが、アパート経営の最大の弱点ともいえる空室リスクと滞納リスクの両方が解消されるため、多くの家主がこのサービスを利用しています。